アップデート情報

未来共生災害救援マップのアップデートについて(2022年9月)

アップデートの概要

防災士をはじめとした防災意識の高い人や組織と連携を深めて、災害時の投稿要員のネットワークを広げ、災害時に投稿し、市民に活用してもらえるようにする為、「未来共生災害救援マップ」のアップデートを実施しました。また、それに加えて操作性の向上を目指しています。

機能追加

  • 管理系 「訓練モード」の追加
    組織として訓練を実施する場合、予め「訓練中」に設定できるようになります。「訓練中」と設定することで、訓練中の投稿画面に「訓練中」アイコンが表示されるようになる他、コメント欄に「訓練」の文字を自動的にセットされるようになります。なお、訓練モードは24時間後に自動解除されます。
  • 管理系 複数の組織への所属する機能を追加
  • 管理系 公開系 「認定投稿者」権限の追加
  • 公開系 ログイン機能の追加
  • 管理系 公開系 施設情報に「災害カテゴリー(複数指定可)」を追加

変更

  • 管理系 避難状況(投稿)の新規登録時に、前回値を自動でセット
  • 管理系 閉鎖時には、自動的に避難者数を0人とするように変更
  • 管理系 投稿の際、開設時のみに入力が必要な項目は、開設を選択時のみ表示するように変更
  • 管理系 ダッシュボードのCSVダウンロード機能への選択メニューの追加
  • 公開系 避難状況(投稿)の新規登録が可能なユーザ権限の変更→今後は、認定投稿者や管理系をご利用中のユーザなど、災救マップのアカウントを持っている方のみが投稿できるようになります
  • 管理系 マイプロフィールの電話番号の入力欄にデータの形式チェック機能(ハイフンなし、数字のみ)を追加
  • 管理系 避難状況(投稿)の新規登録時、連絡先欄にマイプロフィールのメールアドレスをセット

この記事を書いた人

Avatar photo

地域情報共創センター 事務局

一般社団法人地域情報共創センター(RICCC)の事務局です。お知らせや活動報告など、RICCCに関する情報を発信します。